下の廊下

ボラ仲間に連れてってもらって、下の廊下に行って来ました。
一般的な登山とは若干異なり、黒部川の激流の脇を2日間で30kmほど歩く行程です。
高いところが苦手な方は、写真は薄目で見てくださいね。

シーズン遅くまで残雪があり、途中の阿曽原温泉小屋から南の登山道の整備が済んで歩けるようになるのは例年9月中旬ごろ。小屋は10月いっぱいくらいで閉めてしまうので、実質ひと月半ほどしか入れない、色々と行きづらいコースです。

阿曽原温泉小屋のお風呂は、ひとつの湯船を男女が時間交代で使うので、女性だとなかなか味わえない屋根なし露天風呂を堪能でき、ひっじょーーーーに!!!良かったです。が、紅葉シーズン+週末だったので一枚の布団に2人、12畳の部屋に24人がぎゅう詰め(予約を断って断ってやっとニコイチに収めてるそうです)……もちろんテン場も大混雑でした。

阿曽原温泉小屋までは夏なら欅平から普通に入れるので、今度はもっと空いてる時に行ってのんびりしたいな。あ、欅平で前泊した祖母谷温泉小屋もとっても良かったよ!

祖母谷温泉のテン場。男湯丸見えw

欅平と阿曽原温泉の間にある「大太鼓」と呼ばれる難所。左下に谷底が写ってますね〜高いですね〜
この後、この岩の裏で団体さんとすれ違うハメになり、ホント怖かったです……

装備はこんな感じ。ヘルメット+簡易ショルダーハーネス(写真撮るときとかに念のため確保)

有名?かもしれない十字峡。3方向から流れ込んだ沢が左上方向に流れ落ちていきます。

最後に放水してる黒部ダムの真下を渡ります(大汗

コメントを残す