2020放牧その5


ニセコ放牧2020最終日、文字通り一粒の粉もないので、泣きながらフルロッカーの板で堅めオンコースをバタバタ滑走(膝に悪い
天気は回復するはずが、いつまでたってもゲレンデ上部が視界皆無&強風激寒で、だんだん何故ここで滑ってるのか分からなくなってきたので早め撤収でいちむら天せいろ十割→二八
スーパードライな帰路をトミーさんがかっ飛ばしてくれたので早め新千歳着、ドライブインいとうの肉盛り豚丼をかっ込み、ヒコーキ1便早くしてもらって、時ならぬ大雨の中、1000まんえんの高級傘を購入し、板担いで帰宅しました。

自宅の冷蔵庫野菜室では、シールがしみじみと冷えてました。←追記:巨匠が野菜室をシール室呼ばわりします😭
さらに連日の大雨で、昨夏に直したはずの寝室雨漏りが再発というおまけつき。

今回の合言葉:北海道ラベンダー(=なめんな)



2020放牧その4


ゆんべまったく降らなかったので、今日はイワオヌプリあたりをハイクアップ。
実は今回、まさかのシールを持ってくの忘れて初日からいじられまくりなんですけど(苦笑)何とかシールだけ貸してくれるとこを見つけ、明らかに細いシールで無理やり上がって、皆さんをお待たせすることしばし(だが自前のシールならサクサク登れたかどうかはナゾ)
2本めの降ってないゆったり登り返しでは、キックターン道場も開設していただき、修行&勉強の1日となりました。
雪秩父を堪能したのち、夜は倶知安のBoroyaへ。早くも最後の夜です。4泊5日、あっという間だな〜😭



2020放牧その3


本日ふもとは新雪薄々だったので泣きながらピークに上がりましたところ、素晴らしい幸せが待っててくれました
昼つばらスープカレー→初まっかり温泉(スリッパ卓球の聖地だった)→ニセコタップルーム(ビールはうまいがツマミがイマイチ)



放牧2020その2


花園ゲート外、雪はめっちゃ少ないけど、そこそこ楽しめました
ニセコ霊山太鼓→ミルク工房のレストラン、プラティーボにてメイン付きランチブッフェ1650えん!→ニセコ駅前綺羅の湯→安定のヤミーズ



放牧2020その1


放牧2020スタートしました!
安定の倶知安Za hotcake shop→夜はお初の泉郷ビストロ リ アルボー(クオリティに高低あれどサラダとパスタは絶品
宿はこれまたお初のウッディノート
素敵な別館のメゾネットでやりたい放題



12月まとめ←おい


ダンス親睦会→クリパッチョ→忘年会→クリパ→ベリー発表会、でした
ダンス親睦会はリラックスして超楽しく踊れたけど(もちろん間違えまくりスミマセン)ベリー発表会はセンターであり得ないミスして本当に落ち込みました…。やっぱ前日がクリパはダメだったか涙
ちょっと調子に乗りすぎで発表会ほいほい出すぎなので、来年は初心に返って、自分のために楽しく踊るとこから仕切り直したいと思ってますハイ。
素晴らしいパスタマッスィ〜ンとパスタ干し棒w恒例の姫(丸鶏)忘年会にて、お見送りに店の便所サンダルを履いて来ちゃうあるあるwサルメリア69に1時間半並んだ末の戦利品(尊い寸胴すぎw



放牧2019夏の陣その9


月曜日、宿の近所のcafe nokkaでブランチのあと、富良野郊外の丘の上にプリンを買いに行くついでに『北の国から』ロケ地巡り。そろそろオワコン?←失礼
夜は美瑛のアベーテへ。全粒粉のパスタ、ピザうまい!!
火曜日は大雪山系黒岳へ。3度目の正直でやっと山頂晴れ。石室から少し先の紅葉が素晴らしかったです。さすがカムイミンタラ、神々の遊ぶ庭! そのうちお花の時期に来ようっと。
水曜日は再び層雲峡の先まで片道140km運転(この辺に泊まった方が色々良いのではw)、大雪高原温泉に車を止めて、沼巡りコースへ。
沼巡りとは言うものの、コースはわりと登山道チックな様相で、一周あるいは往復の所要時間4時間超、しかもヒグマの生息地なので入山前に10分程度のレクチャー受講が必要。紅葉には少し早く、また薄曇りで条件イマイチだったけど、それなりに楽しめました。
夜は昼間に巨匠が開拓したお店、上富良野の金子コーヒービーンズへ。肉ウマ! コーヒー美味!! そしてお安い…ちゃんとしたスペシャルティコーヒーが一杯450えんて、ウチの近くにあったらいいのに〜!
中富良野cafe nokkaで2種のタルティーヌ/富良野郊外エゾアムプリン、1000g2900えん! 当日直売情報は公式にあり、詳しくはwebでw 美瑛アベーテで全粒粉のピザやパスタを食べるたび、巨匠の「庭にピザ窯計画」が噴出するw 夏の間は草地で草を食べてるそうですが、気温が下がってくると樹林帯に木の実を食べに移動するんだとか。今の所、この付近で人間に近寄ってくる個体はいないそうです。 上富良野の金子コーヒービーンズにて、上富良野ポークのお料理美味し



放牧2019夏の陣その6


台風直前にスズコを送り返し、台風関係ないホカイドー(スミマセン)で巨匠が来るまでフリーダムキャンプライフなのであります!
初日は弟子屈市街に近い桜ヶ丘森林公園オートキャンプ場へ。芝のきれいなサイト脇に車も止められてグー。
4年前に中標津から美留和まで、牧場や大自然の中を71.4km 2泊3日で歩いた「北根室ランチウェイ」、整備のためのクラウドファンディングに参加して、記念モニュメントに名前が入ったというので確認しに行きました。まさかひとり一枚プレートとは。ここ、ホントもう一度(スルーハイクじゃなくていいけどw)歩いてみたいなぁ〜
で、2日目のキャンプは阿寒湖近くのオンネトー野営場にて。湖畔の素晴らしいサイト(そして利用料350えん!)ですが、ここケータイ繋がりませんです。
そして今日は、雌阿寒岳と阿寒富士に登ったよ! 噴火が怖くてそそくさと退散、阿寒富士はまさに富士山風味の火山灰バリバリで、登り45分下り15分でした(マジ
後ろにハシゴが設置されてますw 平地キャンプは初めてなので、とりあえずモロコシ茹でてみるw 美味しかったです 佐伯農場のレストラン牧舎にて。牛スネカレーほんと美味い



南八ヶ岳登山(天狗岳とか)


そして、八ヶ岳まで来たのならば、当然山登りもくっつけるのです!
今回はテン泊デブーということで、アクセスが優しげなオーレン小屋にお世話になりました。
ライン張るまでに1時間かかっちゃった(自在を付け直したりしてた)のと、あれこれ忘れ物が多かったのと、夜のテン場が意外とうるさかったのを除けば、おおむね順調にデブーを果たせたのではと思っております。ちょっとファスナー開けると満天の星なのは素晴らしいな←残念ながらコンタクト早く外しすぎた
1日目は赤岩の頭〜峰の松目コル周回、2日目の今日は根石岳から西天狗東天狗、夏沢峠周回とたっぷり遊びました!

山レーコーはコチラ

テン場のあちこちにスノコがあります。おいらはパレットをゲット。戸口のラインを引いてないのは、サイト入口が左手からで、100%足引っ掛けて転ぶからですwオーレン小屋前の川で遊ぶイッヌ。かわええコップとカトラリーを忘れた……ので、お昼に買ったカップラーのカップと箸を使い続けるwオーレン小屋から40分くらいでこの景色! 右手、根石岳の裏側に東天狗岳が隠れてます根石〜東天狗〜西天狗と登ったり降りたりだけど、それぞれ10分とか15分とかオーレン小屋名物ボルシチ1200まんえん。サラダもパンも美味!!!



富士登山2回目


・妹がどうしても登りたかったらしい
・地元発の山小屋宿泊付きバスツアーがあった←神
ので、二回目の富士登山に行ってまいりました。

前回は2004年8月、まだ山登りもやってなくて予備知識ゼロで夜イッキ登りの弾丸登山(ダメ絶対)をやってしまい、九合目あたりで動けなくなって、仕方なくそこで御来光を迎えたりしたのでした。
今回は昼から夕方にかけて九合目までゆっくり登り、山小屋で仮眠後、深夜2時半からこれまたゆっくり山頂へ。もちろん九合目からは1、2歩進んで立ち止まる感じの渋滞でしたが、何とか御来光に間に合ってよかったです。
意外にも小5の姪っ子が一番ダメージくらったらしく(そして防寒装備が甘かった)山頂で調子を崩したためお鉢周りはできなかったけど、頂上小屋で休んで少し温かいものも口にして、小一時間で下山できるまでに復活してくれたので、残り行程も問題なくクリア。
富士宮口から登って、下山はプリンスルート→宝永山経由と、ルートも変化に富んでいて飽きずに歩けました。

ちなみにおいらは、やはり標高3000mを超えると軽い高山病になるようで、標高3470mの九合目の山小屋では、軽い頭痛があり、また夕飯のカレー(事前情報に反してけっこう美味しかった)がほとんど食べられませんでした。仮眠後は頭痛は消え、山頂で無理やりお弁当食べたらうまいこと完食し、そっから完全復調。まぁ体調悪いときも体力はあるので普通に上れるし、山登り始めてからコレさらにパワーアップしちゃったやつ? それとも普段踊りすぎ??

御来光〜 こっから見えるのは八合目までですよ←主に妹向け 本日は九合目の万年雪山荘に泊まります。山頂目前じゃん!! ヨレヨレ姉妹w 元気なんだけど食べ物が喉を通らない(涙 4人コンパートメントのウナギの寝床。狭くて暑かったけど、何だか楽しかったw そして何だかんだ寝たw 午前2時起床、5時前の御来光を目指す ちなみに八合目から上は浅間神社の境内です 赤富士〜 お鉢周りはできなかったけど、まぁいいじゃないか 雲海を楽しみながら下山 ありがとう富士山! モウコネエヨ!!ww