rengenouchi/最近のわたくし

2016夏休み最終日@宮城

9月 21st, 2016

夏休み最終日、朝から塩竈仲卸市場を冷やかし、ちょっと戻っておのくんハウスにお邪魔し、松島は西行戻しの松公園内にあるLe Romanというカフェでまったりし、よつくら亭で刺身喰って帰宅しました。

今回の旅は、充実してたけどガチャガチャ遊びすぎで各方面に不義理しまくりだったのが心残り。お友達の皆さん、いつもこんなんでホントすみませんが、懲りずにまた遊んでやってくださいませね(哀願

img_0978 img_0979 勝手に焼き炉で自分で焼く!!! img_0987 フムスのサンドイッチ、いちじくのパフェ(はーと img_0996 よつくら亭の刺身定食980まんえん、これを食べるためだけに常磐道で帰るっ

Posted in 宮城, , 東北, 福島 | Comments (0)

ツールド東北2016の応援(という名の別行動

9月 19th, 2016

巨匠が三度目の正直でツールド東北(自転車のロングライドイベント)の抽選に当選。が、その前日の土曜日はワシ夏休み明けの初仕事なので、一旦ヒコーキで帰宅して、翌日仕事終わりに新幹線で石巻へとんぼ返りという、ムダな移動を強行しました。

イベント当日は朝から雨、9時間近くも雨に濡れ続けるのは辛いだろうな〜と完全に他人事モードで、巨匠オススメのカフェ、はまぐり堂へ。
連休中でお客さんはいっぱいいたけど、日本家屋だからかな? 隣席の話し声も気にならない、落ち着いたいい雰囲気でした。欲張りの食いしん坊なので、鹿カレーとキッシュセット、両方喰ってやった!ウマッ
なお、このCafeはまぐり堂は、震災で被災した牡鹿半島・蛤浜の「蛤浜再生プロジェクト」の一環です。詳しくはリンクを参照してください。
https://www.facebook.com/hamagurihama.project/

昼にのんびりしすぎたので、若干慌てて女川の駅前と雄勝店こ屋街(たなこやがい)を回ってゴール近辺へ。途中、イベントのコースに入らざるを得ず、自転車と並走しましたが、ツールド東北は沿道の応援がアツい!! フェンスには大漁旗が飾られ、老若男女が雨の中小旗を振っている…出走者でもないのに、感動してしまいました。
巨匠、いつになく時間かかってんな…と思ってたら、あちこちのエイドステーションで、地元の皆さんと色々お話ししてたそうです。エイドで提供された食べ物も、ものすごく美味しかったらしい。ワシが東北に通う理由について、家族の理解を深めたと思われる(ニヤリ

ファーム富田〜 新千歳でスープカリー、美味そうに見えるけどイマイチw 巨匠を見送ったあと車中で仮眠。おっさんの洗濯物を枕に爆睡……。 女川地域医療センターより。このセンターは高台にありますが、なんとここにも津波が押し寄せ、建物が2mも浸水したとのこと。 女川、駅前のアーケード「シーパルピア女川」 img_0958 ほうじ茶ミルクティー、ほんのり甘くて砂糖いらず、量もたっぷりでうれしい カレーはスパイスが主張しない絶妙なバランスの良さ、キッシュはナスとシメジ+挽肉で食べ応えあり。キッシュのお皿手前の燻製ベーコンがまた美味! 毎朝かまどでゴハン炊いてるそうです 雄勝店こ屋街、硯の展示スペースもあり。硯ちょっと欲しかったな〜

Posted in 2016夏, 宮城, , 東北, 試される大地 | Comments (0)

富良野岳登山2016

9月 15th, 2016

今日はガスガスを承知で富良野岳へ修行に行きましたよ。ずっとLTEが入るのは知ってたので、ハクリューちゃんと一緒に登山。アメ2個もらいました!
山頂付近でちょっと晴れたり、下りはほぼ小雨に降られたりしつつ、頑張って下りて十勝岳温泉でさっと汗を流し、急いだけど目当てのレストランの営業時間に間に合わず。泣きながら昼飯抜きで青い池に向かったのでした。
中富良野最後の夜はシェーブルあげん。ジャガイモ+カマンベール、再現には程遠いと思うけど、ウチでも試してみよう。

心折れる登山口の風景orz 縦走路分岐の上、ちょっと天気いい風味。 img_0854 山頂にポケストのみ。 下りると晴れる呪い健在orz 青い池、要偏光フィルタw 仲秋の名月……やっぱ腕の問題? シェーブルあげん! 夏野菜のピッツァ。 巨峰のパンナコッタ。心ふるえるウマさ!!

Posted in 2016夏, , , 筋肉バカ一代, 試される大地 | Comments (0)

富良野deサイクリング

9月 15th, 2016

本日は電動アシスト自転車を借りての、巨匠による市中お引き廻しデーでした。
電動アシスト自転車、上り坂では黄金のタレを2度ほどブチ抜いてやりましたが、平坦向かい風とかだと車重があってスピードが乗らない…(24km/hくらいでアシスト切れちゃうそうです)。
30kmちょっとのハズが、50kmも走ってさすがに腿パンパン。あとやっぱちょっとおシリ痛いw
でも、独特のスピード感や、いつでもどこでも気軽に停まれるのがとてもいい!

img_0811 img_0813 おかっぱの仔馬、ヅラ疑惑w Cafe Haluでオムカレー、トロトロの卵かけゴハンみたいなオムレツにかかってるカレーがまた美味い! 倉庫をリノベしたんだそうです。 美瑛の青い池が台風の影響で濁った代わりに、急に青くなったらしい鳥沼公園の池 (美瑛の青い池も補修工事が終わって一般公開を再開しました) img_0841

Posted in 2016夏, , 筋肉バカ一代, 試される大地 | Comments (0)

台風10号被災南富良野町支援(ちょっとだけ

9月 14th, 2016

北海道で夏休み〜
ということで、中富良野に滞在してて割と近いので(っても片道50km弱あるけどw)ちょいと南富良野町へお手伝いに行きました。1日目畑と植え込み・花壇の泥出し、2日目床下もぐもぐでした。
160軒ほどが床上・床下浸水しているということで、泥出しのニーズはしばらく続きそうな感じです。

濁ったままの空知川 道の駅南ふらの、泥を被った噴水とラベンダー。 南富良野町保健福祉センター(道の駅向かい)、入り口と駐車場の舗装部分がごっそり流れている。 道の駅南ふらのの屋外店舗。浸水した高さが分かります。 img_0771 シェーブル@中富良野町にて。いろいろ新じゃがにとろとろカマンベールをからめて♪ 秋鮭のポアレ。美味!

Posted in 2016夏, , , 日々のこと, 試される大地 | Comments (0)

秘湯・高天原温泉へ!

9月 5th, 2016

秘湯中の秘湯、富山県のものすごい山の中にあって、1日では通常(通常、については後ほど説明しますw)辿り着けない高天原という温泉に行ってみたくて、山行を計画。

初日、新穂高から三俣山荘まで一気に上がる計画がそもそもキツかったw 上がれるけど辛いww 三俣山荘で同室(同コーナー?)だった女性4名のうち、3名までが同じスケジュールで、みんなクタクタで苦笑ww
その夜、高天原に行くという方とふたりで、行く予定のなかった方をナンパしてw翌日は3名で行動。岩苔小谷、もしひとりだったら道中長くて辛かっただろうな……しかもクマが出たという情報もあり。ひぃぃ!
高天原温泉、入りに行くこと計3回w 朝は朝で、この時間なら温泉沢には他に誰もいないだろうと、大胆にも野天風呂に突入! その後、のんびり雲ノ平まで上がってビールで乾杯。ああ高天原。別世界。まさに桃源郷でした。また行くよ(え

雲ノ平から新穂高に降りるなら、次は双六小屋あたりが妥当なワケですが、行ったことない黒部五郎岳にぜひ行ってみたかった(というか、黒部五郎小舎の天ぷらに釣られたw)ので、色気を出した結果、帰りもキツいスケジュールに。
でもこの山域、どうもキョーレツな方が多くいらっしゃるようで、

  • 折立から鷲羽経由で三俣山荘泊、翌日は黒部五郎経由で折立へというご夫婦(一泊二日しかスケジュールが取れないそうで、どうしても赤牛岳に行けない!と熱く語っていらっしゃいました…なんかいろいろどんだけww つか奥さんゴイス)
  • 折立から一気に高天原へ(しかも大東新道経由!!)
  • 高天原から新穂高へ一気降り12時間

などなど伺いました。私なんて全然ヌルイじゃん。変態さん(ほめてます)イラッシャーーイ!

山中に長く入ってると、どうしても雨に当たってしまうので、4泊5日くらいがせいぜいなのですけれど、次回は高天原か雲ノ平あたりで停滞して、雨の日はマンガ読んで過ごすとかwもっとのんびり楽しみたいと思いました。

余談ですが、松本に降りたところで、たまたま松本在住の友人宅に遊びに来ていたスズコ(実母)と合流。言われるがままに民泊農家にお邪魔し、キムチ鍋とフルートの夕べでご歓待いただきました。なにこの天国w

ヤマレコはコチラ。

動画:高天原山荘付近

台風一過、まだ風が強くて鏡になってない鏡平 鷲羽岳のふもとの三俣山荘。きれいな山ですよね。 三俣山荘の展望食堂で名物ケーキセット。コーヒーはサイフォンで淹れてくれます! 三俣山荘の夕食は南アルプスのシカのシチュー。美味。 鷲羽岳山頂付近。 中央、うっすらと富士山まで見えます! 水晶小屋(一番左の肩)から意外と近い(30〜40分くらい)。 水晶池に映る逆さ水晶岳?? 高天原山荘から約1km徒歩15分ほど、温泉沢に待望の高天原温泉が!! 女性専用からまつ美人の湯。やや熱め。桶はもちろんケロリンw 朝風呂もいただきますw 薬師岳を眺めながらの露天風呂、最高!!! 竜晶池。別世界、桃源郷。 雲ノ平山荘まで上がって、おつまみセットw 祖父岳のふもと。心和む風景。 黒部五郎岳へ。小舎がなかなか見えてこず、そして最後の下りに心折れるw 今回の山旅初の生ビール。スーパードライだけど許す。 黒部五郎小舎のゴハン、めっちゃ美味しかったです!また泊まりたい〜 三俣蓮華岳山頂付近にて。左から黒部五郎岳、中央に薬師岳、その右手前が祖父岳、その奥に劔、水晶、ワリモ、鷲羽。 双六小屋にて、ドリップコーヒー。 鏡平名物かき氷。宇治金時にバニラアイスのせw わさび平でラーメン。分厚いチャーシュー、美味!!! トドメのキムチ鍋w キムチも肉もお野菜も激烈ウマかったっっっ!!!

Posted in , 筋肉バカ一代 | Comments (0)

岩手で夏休み2016

8月 15th, 2016

大槌花束バイト最終日は、お盆の入りのため午前中で作業終了。
ちゅうことで、今月で営業終了の「よってったんせぇ」で浜っ娘ラーメン+半カレー、風の電話を見学(勝手に写真撮っちゃダメだそうです)、もりかまどでおやつ。
そのままお山に向けて移動…と思ったところで、急遽某所からのヘルプ要請が入り、みんなでお手伝い。意外とヘヴィーだったので、夜間の移動は断念、翌日は観光に切り替えました。
田老駅近くに移転なったはなや蕎麦たろうで念願の田老産そば、番屋の前に移動した仮設道の駅たろうでお買い物。そっからググッと北上して、北山崎観光、小袖浜観光など。
さらに翌朝、天気予報はイマイチだったのに、登れとばかりの快晴なので、登ってきました岩手山。いや〜楽しかった!夏休みのシメは短角牛ハンバーグでw

おそば500えん、おまかせ天ぷら200えん! 野球場とJFの間に新しい道の駅建設中 激しく階段を上り下りしたので、たのはた塩ソフトを喰ってもよい 小袖浜に行くまでの道、若干しょっぱかったですw IMG_0135 五合目より姫神山 七合目、石堂にお灯明?と思ったら日光が五円玉に反射してたのでした 自撮り棒活躍中←持ってんのか IMG_0215 IMG_0234

Posted in , 岩手, , 東北, 筋肉バカ一代 | Comments (0)

大槌夏バイト2016

8月 11th, 2016

今年も岩手県は大槌町へ、お盆の花束作りの出稼ぎに来ています〜
朝晩超涼しい〜お花キレイで和む〜ウニホヤアワビその他超絶ウマイ!!!

IMG_9960 IMG_9962 IMG_9956 IMG_9958 塩ウニ、配分ひとり1パック以上てw 滝沢スイカ、激甘!!! こんなところで皆さんどうやってレベルを上げているのか

Posted in 岩手, , 東北 | Comments (0)

剱岳登山

8月 5th, 2016

亡父ヨシオがヒョイヒョイ登ったという逸話があり、いつか行ってみたいと思っていた剱岳。高校時代の大先輩を拝み倒してご同行いただき、ツアー(ラッキーなことに女性3名の少人数)に参加して登ってきました。
土砂降りの横浜を出発→アタック前夜も雨で、一時は決行が危ぶまれましたが、ガスはかかっているものの無風で暑くも寒くもない好条件の中、無事登頂。山頂で冗談半分でポケGO立ち上げてみたら、ポケストばかりかジムまで!(道場主はワタクシに非ず)
剣山荘に連泊のゆったり日程で、最終日は劔や後立山連峰(白馬、五竜、鹿島槍等)の眺めに後ろ髪を引かれながらの下山でした。あー楽しかった。お山に感謝、皆々様に感謝。

前劔の門。手前の一本橋が個人的には一番怖かった〜 ヤバげに見えますが、意外と足場はしっかりしていて問題なし←ホントか カニのタテバイ。特に問題なし。 IMG_9863 剱岳山頂にジムとポケストがw カニのヨコバイ。見えにくいとウワサの第一ステップも赤くマークしてあるので問題なし。 カニのヨコバイからのハシゴ。特に問題ないんだけど、この写真がこわー! IMG_9911

Posted in , 筋肉バカ一代 | Comments (0)

丹沢表尾根2016

7月 5th, 2016

今シーズン、全然お山に行ってないのでヤバイと思い、丹沢表尾根(ヤビツ→大倉)を敢行しましたが、バカ暑くてマジ修行じゃった……orz
2リットルの薄ポカリを飲み切り、下山口のバス停で500ml、さらに温泉で500ml+コーヒー牛乳…朝も紅茶とか麦茶とか入れてるし、どんだけ水分取ったんだか。
足が攣りそうになること2回(2RUNゴイス)、さらに1本早いバスに乗ろうと最後の下りで頑張ったりしたので、今朝は案の定下半身がボロボロなワケですが、それでも8時間ぐっすり寝たら、何とか出勤できるくらいには回復するもんですな。イヤ仕事行かなかったらマズイけどw
それにつけても修行登山ヤバイ楽しくない……今後はヘタレと言われようと、のんびり登山を心がけようと思ったことでした。

IMG_9703 「丹沢クリステル」て…「お・も・て・お・ね」by N中氏

Posted in , 筋肉バカ一代 | Comments (0)