試される旅2018その1

そんなわけで、無事にホカイドーに上陸しております。
ゆんべは某ご夫妻のおうちで散々ご馳走になり挙句一泊、今日とて合流した巨匠ともども寿賀子素顔ご夫妻にご馳走になってしまいました。ほんとドイヒー。
札幌は夜の街が節電のため暗く、コンビニの品揃えが少なめだったりしますが、心配していたガソリンスタンド問題は解決してるようです。
明日からがっつり観光します!

台風で大きなポプラが倒れまくってます涙

秋の車中泊北上の旅2018その3

9/11 以前、ゴールデンウィークに行こうとしたら、すんごい雪の壁に阻まれて(除雪まだだった)行けなかった夏油温泉。
満を持して行って参りました。
つか、読めますか「夏油」w
スキー場から上がる5kmの細い道は凄かったけど、頑張って行く価値のある秘湯です。渓流沿いに点々と穿たれた露天風呂は雰囲気満点、さらりと肌に優しいお湯最高。湯治とかしてみたい!
9/12 先週天候不良で登れなかった鳥海山にチャレンジ。祓川登山口(矢島口)までの20kmがまた…苦笑
天気がいいのでのんびりしてしまって予定より出発30分押し、さらに真の山頂はコース奥の新山という辛めな山行でしたが、とにかくいい天気で色々楽しめました。
下山後の猿倉温泉鳥海荘、とろりとした薄茶色のお湯を、鳥海山の夕暮れを見ながら満喫しました。

秘湯の雰囲気満点

大湯は熱くて一瞬しか浸かれませんでした

夕焼け鳥海

登ってくと、山頂がふたつあるのが分かります

こっから一旦下りて、あの岩山を再び登るのです。コースタイム35分、なかなか厳しい。

ココ登れって(大汗

祓川コース、賽の河原から少し上がったところに、池塘と花畑の素晴らしい一隅があります。ここをおいらの夢の箱庭と認定しました。またいつか、来られるといいな。

ありがとうありがとう

そしてフェリーに乗るわたし

秋の車中泊北上の旅2018その2

各方面にご心配をおかけしておりますが、とりあえずまだ東北をウロウロしております。
9/6 朝、苫小牧行きのフェリーに乗ろうとしたら、夜中に北海道で大きな地震があったとのこと。乗り場のお姉さんに「船は出ますよ」って言われたけど、いやいや待てよってことで乗船延期。
寒風山→入道崎→男鹿水族館GAOと回ってる間に状況が見え始めました。大変な被害に胸が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。
9/7 スケジュール立て直し、とりあえず弘前襲撃w
9/8 弘前観光、ねぷた村おもしろかった!お囃子の太鼓を叩かせてもらったり、津軽三味線ライブがあったり。弘前城観光の後は、岩木山ふもとで嶽きみと深浦のイカメンチを食べ、百沢温泉アソベの森いわき荘でお風呂。さらに八幡平に上がって秘湯蒸ノ湯(ふけのゆ)を満喫したまでは良かったけど、下山までが超ガスってて怖かった…。
9/9 花巻は大迫地区で月イチで行われる「神楽の日」見学へ。撮影不可のため写真ナシ。岳神楽面白い!けど、耳元のスピーカーからお囃子がガンガン鳴ってるのに、なんか眠くなってくるのは何故? そもそもが心地よい曲調、リズムなんだろうか…?
午後は花巻市街地に移動し花巻まつり見物。各町内で出してる山車の規模が半端ない。老若男女、街じゅうがお祭り騒ぎで、みんな法被に地下足袋とかなのがなんとも羨ましい感じ。雨で花巻踊りパレードが中止になったのだけが残念。
9/10 花巻のmeinnというゲストハウスに泊まっておりましたところ、偶然『東北食べる通信』のスタッフさんと行き合い、何故か事務所にお邪魔する運びにw
東北食べる通信は購読希望が殺到して待ちが生じているという話を小耳に挟んだので、去年一旦購読をやめていましたが、現在は大丈夫とのことなので、購読再開決定(あっさり
花巻温泉郷を鉛温泉→台温泉とはしご湯ののち、宮沢賢治記念館もゆっくり見学。遺稿とパネル展示がなかなか濃く且つ分かりやすくて良かったです。

寒風山山頂からの眺め。最高です!秋田の皆さん、ココもっとアピールした方がいいんじゃ…?

北緯40度、入道崎

@男鹿水族館GAO 剥製ですよ

シロクマの川流れ

ねぷたって県内各地にあるんですね〜色々教えてもらって、太鼓叩いたり自撮りしたりと楽しかったです!

子どもが持つ金魚ねぷた。可愛い。

弘前城と岩木山

本日のシメに八幡平蒸ノ湯温泉

花巻まつりの山車パレード!文字通り街じゅうがお祭り騒ぎで素晴らしく羨ましい

花巻温泉郷、鉛温泉は藤三旅館の白猿の湯。日本一深い湯船だそうです。163cmのわたくしが立って入って脇が浸かるくらい。ちなみに混浴(ちょっとAさん、聞いてないよ〜!)しかも湯は透明w

秋の車中泊北上の旅2018

台風一過の日本列島、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さりげなく、永遠の夏休み恒例・秋の車中泊北上の旅が始まっております。
9/1 登山の前泊で雨飾温泉へ。最後の7kmの山道がアツかったw 素晴らしい温泉はいつでも入浴可能、露天の秘湯・都忘れの湯は湯船の中がぬるぬるで、気をつけないと滑って都忘れにw
9/2 雨飾山登山。山頂ガスで猫耳堪能できず。ザック忘れ、カメラ忘れに次ぐお弁当忘れに注意。下山後の小谷温泉山田旅館の外湯素晴らしい。夜は白馬のルポゼで酒を飲むためお友達にブライトホーン泊を手配してもらう。
9/3 朝食に白馬サウンズライクカフェのフレンチトースト。糸魚川より北上。ヒスイ海岸で多分ヒスイじゃないものを拾い集める。昼はB級グルメのイカスミ焼きそば、以後2日ほどウンが大変なことに。佐渡に沈む夕日を堪能したのち、じょんのび館でじょんのびお風呂→車中泊。
9/4 台風を避けるため内陸へ。かみのやま温泉で外湯巡り、冷やしラーメンでお腹冷え冷え、山寺登山ののち山形市内のホテルに宿泊。夕飯はマーキ ガルニ、フリットもおまかせパスタも美味。
9/5 個人史上ベストの岩ガキをもう一度…と象潟行きを目論むも、車のナゾの警告灯が点灯。秋田市のディーラーに滑り込み点検。とりあえず重大な故障ではなさそうで、時間がないのでホカイドーで再度見てもらうことにする。泣きながら広島産カキフライ定食。

雨飾温泉、露天の秘湯・都忘れの湯

白馬サウンズライクカフェのフレンチトースト

山寺

南八ヶ岳登山

で、せっかく近くまで来たので、と、八ヶ岳に登って来ました。
実はこれが初八ヶ岳登山。近いのでいつでも行ける、と割とスルーして来てしまったw
美濃戸→赤岳鉱泉→頂上山荘→美濃戸のゆる登山でしたが、横岳から赤岳までの岩の稜線は、なかなか痺れるものがありました。ナイフリッジのとこだけ、ちょっと怖かったな汗
3日目は天気が崩れて山頂はガス&強風でしたが、ユルく中岳道から降りたので、山頂直下の鎖さえ過ぎてしまえば、あとはラクラクでした。

こちらがステーキとお風呂の赤岳鉱泉です!!

山小屋とは思えない豪華な食事(宿泊料金は一泊二食9000まんえんとごくごく普通

左赤岳、右阿弥陀岳、奥に権現岳と、一番奥は北岳→間ノ岳→農鳥岳のみなさん

別荘暮らし

週末は、学生時代の友人の別荘にお招きいただいておりました。
涼しい高原、素晴らしく綺麗で手入れの行き届いたおうちで、ウマイ酒をいただきつつ、地元の新鮮な食材や持ち寄り珍味を調理。
30年来付き合ってる友人が集まって、時間を気にせずのんびり飲み交わし、翌日はあちこち遊び回って、最高に楽しい休日でした。

ひと缶1まん5せんまんえんもするカニ缶!!!

薪割り初体験(いっぱい割った体ですが1本しか割ってません

野辺山の45mパラボラ。今日だけ?動かしてました

西日本水害ボラ@倉敷

夜行バスで倉敷入り。
暑いのが苦手なので、どうかな〜と思ったけど、酷暑で作業時間が短縮されてるのと、至れり尽くせりのボラセンなので、まぁ何とか猫の手程度の手伝いでも、と思うてやっとります。
新倉敷駅〜ボラセン、ボラセン〜サテライトは観光バスの送迎あり、作業後は長靴高圧洗浄→手洗いうがい薬提供→濡れタオル・ドリンク提供、果ては更衣室や無料シャワーまで! イヤそこまでやらんでもと、一部遠慮しました💦
1日目はおうちの床板剥がしがメイン作業で、男性陣は大変だったと思いますが、わたくし剥がした床板の釘抜きとかやってたんでアレでした。
午後2時半には新倉敷駅に帰ってきてしまったので、南口からちと歩いたとこのスーパー銭湯へ。ここもボラワッペン見せると割引になるみたいですが、まぁフツーに次回割引券もらったしいいかと💦
さっぱりした後、倉敷チョー駅前のホステルにチェックインからの、美観地区へ出撃。地ビール屋で岡山のビールを3種類ほど飲みましたけど、独歩のピルスナーは特にうまかったな〜
2日目は、庭木の根っこ掘りで主に男性が活躍。放課後、大原美術館→金賞ビール→倉敷屋ビール→林源十郎商店で散財→阿知神社からの、地酒バル粋酔日へ。
スミマセン雄町米とか知りませんでした…岡山の酒うまし!! そして、ここんちの料理がまた!! マスターとバイトさんに色々お話を伺い、楽しく飲ませてもらいました〜
3日目は納屋の荷出しと庭の掃除。またもや男性陣大活躍。新倉敷の満天の湯でまったりした後、かしわ屋コバヤシへ。鶏美味しかった〜
てなワケで帰りの夜行バス上の人となりましたが、帰りは新幹線とか飛行機とかにすれば良かったな💦

災害からひと月半ほどが経ちましたが、真備町ではまだまだ大勢の方が避難所で寝起きされているそうです。そして、二階まで水に浸かったおうちを直すか等、考えなければならない時期に来ているとか。夏休みが終わるとボラも減るだろうし、また色々フェーズが変わっていくんだろうなぁ……。
水害からこっち、まとまった雨が降っていないそうですが、今日男性陣が納屋の二階から運び出した畳表は濡れて崩れかけていました。こういうのを家の人だけで片付けるのは無理なので、ホントに猫の手程度かもしれないけど、人の手が入ると物理的にも心情的にも多少は変わるよなぁと思うのでした。

花束プロジェクト2018

今年もお盆の花束を作りに、岩手県の大槌町に行って来ました。
金曜日の午後3時半に出発して、まず首都高を抜けるのに3時間……(通常の3倍)。去年の全行程21時間の轍を踏まないよう頑張りましたが、今年も結局、仮眠含めた所要時間14時間。まぁ、連休前は仕方ないね。
朝8時からガッツリ働く3日間があっという間に過ぎ、帰りはUターンラッシュが始まる前にってんでササっと今朝帰って来ちゃいました。岩手はホントに夜が涼しくてグーグー寝られるんで、来年こそは予定を調整して、前乗り居残りしたいもんです。
夜は浪板海岸の花火を見に行ったり、大宴会したりして楽しく過ごしました。毎度ながら飲んで食ってばっかで確実に増量したよね。岩手に行くと太る説健在。

針ノ木雪渓→爺ガ岳南峰周回201807

三連休に友人と針ノ木雪渓から爺ガ岳への周回コースを登ってきました。標高が2500mくらいあるのに、3日間ずっと晴れてて日差しがキツく暑かった……ので、涼しそうな写真をメインに上げときます。

泊まった針ノ木小屋、新越小屋とも、連休でバカ忙しいのに、スタッフのみなさんがチアフルでとても良かったです。
あと、3日目下りの柏原新道は、標高差が1100mもあるのでかなり覚悟して臨んだところ、めっっっっっっちゃ!整備されててホントに「うわっ」てトコが一ヶ所もない、素晴らしい登山道でした。種池山荘からテン場もめっちゃ近いので(「130歩」と看板に書いてあったw)、テントを買ったアカツキには、テン泊の練習をしに行きたいです。

    ★内輪ウケ山のメモ★(思い出したら追加します

  • ×シレ ○ノド(地点名)←カタカナ2文字ってとこしか合ってない……安定の腹筋破壊力w
  • ザックを背負い忘れる人を笑ってるとマジでカメラを置き忘れる
  • 針ノ木小屋では随時スタッフ募集中、人妻尚可(ホントかw
  • 針ノ木小屋のトイレには長○まさみのオネガイ張り紙あり→以降、トイレ=まさみ呼ばわり
  • 偽ピーク事件続発
  • 別山かと思ったら劔でした(ガセネタ続出
  • 花の名前が全く分からない
  • ストックが古くて重いと文句を言う側から石突きがどっかに挟まり行方不明←新しいのを買いました
  • ハイマツに引っ掛けてCW-Xに大穴が開く→本体日焼け

新越小屋付近より、槍が顔出してるトコが針ノ木峠=針ノ木小屋のあるトコです。 針ノ木雪渓、なかなかの長さ&斜度ですよねぇ。ちなみに2時間くらいで踏破しております。 まだ小屋の真下までガッツリ雪渓残ってました。 この白い風が超絶涼しいのです!! 蓮華岳山頂付近にて、コマクサ舐めの〜槍ヶ岳〜 蓮華岳頂上付近、右端は富士山でーす! ちゅるぎとワシら キヌガサソウ! 生まれて初めて見た!! 爺ガ岳南峰頂上にて らいてふ御一行様 シャクナゲ舐めの〜鹿島槍〜 X ○apan的な飛行機雲を目にしたのち、「紅」by高畑充希が脳内ヘビロテ